読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第36回鈴木三河屋オリジナル頒布会(7〜10月分)を愉しむ

晩酌

前回は6か月分を冷蔵庫に氷温ストックしておき一気に開封、
仲間で楽しく屋外で味わうイベントを開催した。

sakesuki.hatenablog.jp

sakesuki.hatenablog.jp

sakesuki.hatenablog.jp

今回は基本に戻りじっくり自宅で独り酒。
ただここ最近忙しかったため7〜10月分まとめてのレビュー。

【7月分】

純米吟醸 山田錦自家栽培米 鈴木三河屋SP 27BY(永山本家酒造場 山口県宇部市
酵母や造りの違いによる変化球のお酒ではなく、直球でストライクゾーン真ん中に投げたい。
その想いを自社の山田錦を使って表現しました。

花巴 NEW HANATOMOE 無濾過生原酒 27BY(美吉野醸造 奈良県吉野町
今期初試みのお酒です。酵母無添加の山廃ですが、アルコール度数は13%と軽めに仕上げてあります。
爽やかな味わいをお楽しみ頂けます。

鈴木三河屋の“羅針盤”である「貴」と超個性的味わいの水酛でおなじみの「花巴」。
まだ暑い時期だったのでどちらも冷酒でいただいた。
「花巴」は冷やして呑んだ方が爽快感がより感じられていいかも。
「貴」は少し常温に近い方がより旨味を感じられて良かったかも。
ただどちらも一瞬で空けてしまった。旨すぎ。

f:id:odayasu:20161103124538j:plain

【8月分】

山形正宗 純米大吟醸 秋津産山田錦 火入れ 鈴木三河屋SP 27BY(水戸部酒造 山形県天童市
兵庫県東条・秋津産の特A山田錦で醸しました。15年使用の山田錦の中で一番品質の良い米であると蔵元は語ってくれました。深くまろやかな味わいとキレのある旨さをお楽しみ頂けます。

播州一献 純米 山廃火入原酒 雄町 鈴木三河屋SP 27BY(山陽盃酒造 兵庫県宍粟市
膨らみのある甘みとキレのある酸を壺阪杜氏が演出。蜜を感じさせる上品な甘みと柑橘思わせる酸があります。
冷やした時のシャープさと45℃の柔らかな舌触りをお楽しみ頂けます。

山田錦でも特Aクラスになると価格も高い。
かつては大手酒造メーカーが独占していたが最近では中小の蔵でも入手できるようになってきたみたいだ。
そんな特上の酒米を贅沢に使用した「山形正宗」。
対して「播州一献」は岡山雄町を山廃で無濾過原酒に仕立てた逸品。力強い味わいで冷酒でも燗でも安定感
ある味わいが印象的であった。
どちらも鈴木三河屋SP版ゆえじっくり味わった。交互に呑み比べると面白かった。
個人的には禁断のミックスが最高に良かった。

f:id:odayasu:20161103124551j:plain

【9&10月分】

木戸泉 純米生詰 山田錦 仕込15号 鈴木三河屋SP 27BY(木戸泉酒造 千葉県いすみ市
春先にご用意した同じお酒の火入れバージョンです。
春から秋への熟成の成長の様子をお楽しみ頂ければ幸いです。

七田 純米 山田錦75%ひやおろし 鈴木三河屋SP 27BY(天山酒造 佐賀県小城市
県内産の山田錦を使用して、弊社用に醸して頂きました。
低精白ながらも丁寧に醸した、山田錦の醍醐味を味わえる逸品です。

超王祿 純米無濾過本生 東出雲産山田錦 26BY 仕込34号(王祿酒造 島根県松江市
地元の米で酒を造りたい。杜氏になったころの丈径さんの夢でした。
超王祿の中で1タンクのみ丈径と同じ地元の米で醸しています。
そのお酒を特別にご用意いたしました。

日高見 純米吟醸 弥助 27BY(平孝酒造 宮城県石巻市
鮨王子と業界内から呼ばれる鮨好きの蔵元が、それに合わせるために造ったお酒です。
透明感あるなかにほのかな余韻。お魚が引き立つお酒です。

贅沢に2か月分一気に味わう。
「木戸泉」安定の酒質、ブレない味わい。この酒の真骨頂はやはり燗。
全体の調和がガッシリはまり癖のある独特の味わいが程よいアクセントになり最高に旨い。
呑み飽きしないダラダラ呑める酒とはまさにこれ。
「七田」開封したては繊細な味わいでイマイチ物足りなさを感じたが4〜5日経過してからの味のノリが最高。
派手さはないがどんな場面にもはまるオールラウンダーな味わい。
「超王祿」こちらはとことん個性全開な味わい。とてつもなく旨い。
強い酒質ゆえどんな温度帯でもはまるが開封したては冷酒で、
少し経過してからは燗でいただくとワイルドな酸味の余韻を堪能できる。
「日高見」どの温度帯でも旨いがやはり燗にした時により味の輪郭が見えてくる。
魚料理とのマッチングが最高と言われるがどんな料理にも合わせられそうな
秘めたポテンシャルの高さを感じる。

f:id:odayasu:20161103124601j:plain
どの酒が旨いか、何て議論は不毛である。
どんな時にどんな場面でどんな気分の時にマッチングするか。
それを瞬時に見極められ、人に提案出来るような人間に私はなりたい。

日本酒・焼酎、お酒の通販のことなら鈴木三河屋