読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年始呑んだくれ

晩酌

年末年始は旅行の予定もなく大掃除&年賀状作成を終えたらひたすら呑んで寝るだけの自堕落な生活を送っていた。
まともに動いたのは毎日1時間程度の散歩ぐらいかな。酒の購入も兼ねていたが(笑)。

今年の「寫樂 純米吟醸 なごしざけ」は年末に呑むべく寝かしておいた酒。
すでにいろいろなところでちょいちょいいただいていたが、少し寝かした方が味が落ち着くだろうと判断。
羽州誉を50%まで磨いた酒を低温熟成、夏を越した酒をさらに冬まで熟成。
熟成された落ち着きの中にも若々しい軽快さも併せ持つ。
大変美味しく完飲。

f:id:odayasu:20170106071824j:plain「越後鶴亀 純米」は頂き物。新潟の酒には本当に縁がある。
少し温めると旨味の輪郭がグッと引き立ちこの酒のポテンシャルが際立つ。
いい酒だ。

f:id:odayasu:20170106071812j:plainワインと日本酒の金粉混入コラボもいただく。
ワイン好きだが一度開けると呑み干さないといけないのが辛い(でもなぜか嬉しそう)。
一人呑みのワインはそのために体調やフードペアリングも事前に考慮しておかないといけないので大変なのである。

f:id:odayasu:20170106072005j:plain

「久保田」でおなじみ朝日酒造の「ゆく年くる年」は年始早々にいただいた。
五百万石を使用した新潟らしい味わいに加え醸造アルコールによるなめらかな口当たり。
常温でダラダラ呑むのに最適なまさに寝正月専用酒(笑)。

f:id:odayasu:20170106071847j:plain

「新政 新年純米しぼりたて」も入手出来たので早速いただく。
事前に注文していたのが7日に届くことになっていたのでこのタイミングで呑めるのは嬉しい。
今年のラベルは特にかっこいい。ハーレーのエンブレムがモチーフ。
「アメリカン・ニュー・ルースター」がテーマなデザイン。

f:id:odayasu:20170106071917j:plain

絵馬の裏側はよりメッセージ色が強い。
日本酒の需要が世界規模になってきている昨今、次期大統領は日本酒に対してどう思っているのだろうか。

秋田県産米を使用した生酛造りの純米生酒。
フレッシュで軽快な味わいは新政らしさ全開。

f:id:odayasu:20170106071943j:plain

今年もこの勢いでガンガン呑むぞ!

sakesuki.hatenablog.jp

sakesuki.hatenablog.jp