読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「十四代を味わう会@稲毛屋」にドタ参

東京マラソン2017が行われた日、俺は急遽スペシャルな呑み勉強会に呼ばれた。
東京マラソンは第2回大会から連続落選記録樹立中の俺。
いつ招待選手として召集かかるかわからないので念のため当日はスケジュールを空けていた。
それが功を奏したか直前に空きが出て運良く「十四代」という人気銘柄の呑み比べをすることができた。

会場は俺的にはすっかりおなじみの「稲毛屋」。

鰻(うなぎ)と地酒の店「稲毛屋」文京区千駄木

日曜の昼間開催の会とあって完全リラックスムード。
出品酒はよくぞ個人でここまで集めたというものばかり。
酒米違いもあれば違う蔵との呑み比べもありとなかなかトリッキーなセレクトが心を揺さぶる。

f:id:odayasu:20170401082135j:plain

乾杯 十四代 大吟醸 七垂二十貫 生詰
01 十四代 特別本醸造 角新本丸 本生
02 十四代 純米吟醸 槽垂れ原酒おりからみ 本生
03 十四代 純米吟醸 龍の落とし子 生詰
04 十四代 純米吟醸 山田錦 生詰
05 十四代 純米吟醸 雄町 生詰
06 十四代 純米吟醸 愛山 生詰
07 十四代 純米吟醸 酒未来 生詰
08 十四代 純米吟醸 白鶴錦 生詰
09 東洋美人 純米吟醸 白鶴錦 生詰
10 奈良萬 純米吟醸 酒未来 瓶火入れ
11 花邑 純米吟醸 雄町 生詰

十四代 純米吟醸」の酒米違い6種。
どれもレベルが高くあとは好みの問題かな、というのが総論。

f:id:odayasu:20170401082156j:plain

同じ酒米を使った異なる蔵との呑み比べ3種。
こちらもコメントは難しいがやはり「十四代」の方が上手を言ってる感じか。
ハイレベルな酒が集う大変贅沢な酒の勉強会。

f:id:odayasu:20170401082224j:plain

乾杯酒の箱と今回抽選でプレゼントとなった「十四代 純米大吟醸 極上諸白 生詰」。
このスペシャルなプレゼントを見事勝ち取ったのが…

f:id:odayasu:20170401082250j:plain

今回のゲスト、青木酒造株式会社の青木知佐さん。

aokishuzou.co.jp

これからより知名度が上がるだろう「御慶事」を醸している酒蔵の令嬢である。
本人の許可はないが可愛いから載せてみた。
つい最近全国ネットで紹介されたらしく蔵の仕事で大変らしいが、
入手困難にならない程度に知名度を上げてもらいたい。

f:id:odayasu:20170401082312j:plain

仕込み水は今回の「花邑」を醸した両関酒造からの提供。

www.ryozeki.co.jp

さすがに個人で入手することは困難だったらしく、「稲毛屋」を介して提供いただくこととなった。

f:id:odayasu:20170401082336j:plain

まずは「十四代 大吟醸 七垂二十貫」で乾杯。
参加者の大部分は酒のエキスパートということもあってのんびりムードで会は進行。

f:id:odayasu:20170401082403j:plain

肴は「稲毛屋」謹製スペシャル仕様。

f:id:odayasu:20170401123732j:plain

安定の合鴨のたたき。

f:id:odayasu:20170401123856j:plain

米沢牛のステーキは格別な美味さ。

f:id:odayasu:20170401123925j:plain

f:id:odayasu:20170401123942j:plain

ハラモ(カツオの腹部)の燻製は稲毛屋マストアイテム5傑の一角。

f:id:odayasu:20170401124005j:plain

みんな大好きポテサラ。

f:id:odayasu:20170401124022j:plain

きんぴらごぼうと過剰なまでの料理群。

f:id:odayasu:20170401124037j:plain

煮物はどこか懐かしい味。

f:id:odayasu:20170401124053j:plain

〆はやはり鰻ひつまぶし。大満足腹パン。
そしてしっかり十四代の良さを満喫できたよき昼下がり。

f:id:odayasu:20170401124220j:plain

昼呑みだと時間に余裕があるよね、ってことで夜は地元呑み。
久々「武蔵新城」まで遠征。「パステル」プロデュースイタリアンバルを初体験。

f:id:odayasu:20170402084428j:plain

f:id:odayasu:20170402084451j:plain

こぼれスパークリングワインをたらふくいただく。

f:id:odayasu:20170402084514j:plain

よく食べよく呑みよく学ぶ。そんなとある休日。

f:id:odayasu:20170402084542j:plain

お土産残酒は「奈良萬 純米吟醸 酒未来」と「両関」の仕込み水。
奈良萬」は次の勉強会に向けての予習。

f:id:odayasu:20170401124245j:plain

sakesuki.hatenablog.jp

sakesuki.hatenablog.jp

sakesuki.hatenablog.jp